2012年12月16日

最近の動向

皆さま、お久しぶりです。

んで、気がつけば今年もあと半月ほどですね。

まさに「光陰矢のごとし」です。


さて、最近はまた、債務整理と過払い返還案件が
なぜか、増えてきています。

裁判所も結構な賑わいですよね。

ある弁護士さんに言わせれば

「請求されている過払い金は半分にも満たない」

そうです。

まあ、取れる・取れないは別として、マチ金とかも
含めるとそうかもしれないですね。


あと、前にも書きましたが、焦げ付き案件となって
いたものを、ほじくりだしてきて請求をする、といった
案件は相変わらず多いです。

「家に来た」といのもチョイチョイ聞きますね。

既に時効となっているものもありますし、忘れたころ
に請求がきた場合は、とりあえず保留にして
弁護士・司法書士に相談することをおススメします。

変に認めてしまうと、支払わなくてもいいお金を
支払わないといけなくなりますよ。



【借金返済・債務整理・任意整理の最新記事】
posted by 稲場 馨 at 14:32| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年11月21日

婚姻費用分担義務


さて、前回の続きです。

夫婦には

 「婚姻費用分担義務」

というのがあります。

これは、離婚を前提に別居中の夫婦
にもあてはまります。

そして、この義務は、基本的には離婚
が成立するまで続きます。

まあ、夫が妻に対して支払うのが一般的
ではないでしょうか。

そして、この義務は養育費などと同じで
自己破産しても免責(支払義務を免除されること)
されません。

さあ、これを見た夫たち(特に妻が主婦の夫たち)

恐ろしくないですか!?

妻としては、先に「婚姻費用分担」の審判さえとって
おけば、ゆっくりと離婚調停をすすめられます。

気に入らないことは、すべて同意しなければいいん
ですからね。

そして、夫はケツの毛まで抜かれるというか、骨の髄
までシャブリつくされるというか・・・・

いや〜  恐ろしい、、、

そこで、やはり離婚調停には弁護士をつけるべきだと
思います。(残念ながら、司法書士には家庭裁判所の
代理権はありません。)

もし、相手方に弁護士がついてきた場合は、もう絶対に
こちらもつけたほうがいいです。

先に費用がかかりますが、やむを得ないと思います。

そうしないと、、、、、

恐ろしい結果が待っているかもしれませんよ。




posted by 稲場 馨 at 15:20| Comment(0) | 自己破産・免責

2012年11月17日

離婚は調停前置主義!


日本では、結婚したカップルのうち3〜4割
が離婚するらしいです。

僕のまわりでは、そんなに多くないのでホンマ
かなと思いますが、どうなんでしょう?

さて、この「離婚」、当事者間では成立しなかった
場合、裁判所の力をかりることになります。

そして、日本ではいきなり離婚裁判、というわけには
いかず、まず調停の申立をしなければなりません。

調停が不成立の場合に、裁判に移行します。

まあ、裁判所が中にはいるんで、なんとか当事者同士で
話し合いなさい、ということだと思います。

その際、調停委員と言うかたに入ってもらうのですが
やはり、人間ですから、好き嫌いや固定観念があります。

  「慰謝料は男性が払うもの」 とか

  「子は母親が育てるもの」 などです。

ですから、裁判所を通したからといって、決して平等な
判断がされるわけではありません。

まあ、通常の民事訴訟なんかでもそうなんですが、もう
はじめから決めてかかっているような裁判官もいます
からね。

「当裁判所では、このような主張は採用しない」

いやいや、その理由が知りたいんですけど・・・・

離婚については長くなりそうなんで、続きは次回に
しますね。





posted by 稲場 馨 at 16:47| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年11月10日

取り立てが一番厳しいのは・・・


はい、間違いなく

  「国」or「都道府県」

です。

ヤミ金どころではありません。



依頼者からのご質問で多いのは

「給与は差し押さえられませんか?」

というものです。

そこで、我々の回答は

「差し押さえるには、判決などの「債務名義」
 が必要なんで、いきなりということはありません。
 ただし、裁判所からなにか届いたときは、放置は
 厳禁なんで、すぐにご連絡ください。」

というのが一般的ではないでしょうか。

通常、財産を差し押さえるには「債務名義」(まあ、
判決など裁判所(一部公証役場)からだされたもの
とお考えください)が必要です。


しか〜〜〜し・・・・


例外があります。

そう、

  「税金」 です。

国や地方自治体は、滞納者に対して債務名義なしで
差押えができます。

はい、問答無用なんです。

まあ、ただ差押え前には、支払の催促や差押予告
なんかが届きます。

この予告、貸金業者がやる単なる「ビビかし」とは
訳が違います。

ですから、税金滞納をナメていると、えらい目にあう
かもしれませんよ。

まあ、国民の三大義務のうちの一つですから仕方ない
といったところでしょうかね。



posted by 稲場 馨 at 14:35| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年11月08日

やっぱり王道


さて、最近、業務外のことばかりで、全くの

「役に立たないブログ」

となっていますが・・・・・


ハイ! 今日もそういうことで!!

ただ、今回は若干「役立つ」かもしれません。


僕が、前頭部の変化に気付いたのは忘れもしない
昨年の夏ごろです。

これは、すぐに対策を、と思いネットとかで
調べまくった結果、よくある

  「〇〇売上NO.1」

とかいう商品を購入し、

「よし、これで大丈夫」(←超楽観的)

なんて思って使いましたが、イマイチ、しっくり
こない感がありました。

そこで、知り合いの美容師に相談したところ
やはり、シャンプーは

   「スカルプD」

がいいとのこと。

やっぱりメジャーなものがいいのかと、それと
同時に

   「リアップ」

を使い始めました。

すると・・・・

ほんまに使用から半年くらいで、

    「毛」

が生えてきましたよ。

おそるべき「リアップ」

ちなみに、僕はビビリなんで、1%の
ゆるいほうです。(1と5があります)

それで、この結果ですからね〜

やっぱり何事も

「王道」 ですね。

posted by 稲場 馨 at 17:27| Comment(0) | その他

2012年10月30日

僕の右目に・・・・


見えてはイケないものが見えてるんですが・・・


さて、先日10月23日は、私の 、え〜と

45回目の誕生日でした。

もう、何回目かもわからないくらい年をとったもん
ですな〜

まあ、平安時代なら、ほぼ死んでます。


んで、これくらいの年になると身体のいろんな
ところに「ガタ」がきます。

最近、同世代の友人と飲みにいっても、話題は
身体のことか、まあ嫁の悪口くらいのもんです。

「最近、新聞の字が読みづらい」とか

「ちょっと、糖尿の気がある」とか

「チョ−腰いたいねんけど」とかです。


そして、まさに私の誕生日にヤツが見え始めたんです。

まあ、まだ検査にも行ってないんで、どうか
わかりませんが、


う〜ん、最悪の事態にならなければいいんですがね。


posted by 稲場 馨 at 15:27| Comment(0) | その他

2012年10月22日

登記業務は細かいの〜


朝晩がメッキリ寒くなってきましたが

みなさん、お元気ですか?

さて、最近は業務内容にも少しずつ変化
がでてきています。

去年までは、8割以上が「債務整理・過払い」
と「相続」だったんですが、最近は住宅ローン
決済に基づく「不動産登記」がボチボチ増えて
きています。

しかし、この登記業務は、ホンマ細かいです。

裁判業務ばかりやってきた私には、細かすぎです。

訴状なんかは、誤字・脱字なんかは裁判所が直して
くれます。

というか、裁判所自体が結構いいかげんで、判決中
の私の名前の字が違うことなんて、日常ですからね。

法務局の場合は、基本、訂正(補正)に行かなくては
ならないです。

それがイヤなんで、私も「細かく」確認してますけどね。

まあ、

   「登記はめんどくさい」

ですが、それも時代のながれ、ボチボチ体をならして
いかなくてはなりませんね。





posted by 稲場 馨 at 16:14| Comment(0) | 相続(不動産登記)