2011年02月27日

アコムの対応・・・・

良化中です。

昨年くらいまで、過払い・債務残りともに
対応が悪かったアコムさん・・・

過払いに対しては、何かと抗弁してきて
「控訴」してくることもありました。

債務が残る案件では、経過・将来利息を
要求してきていました。


しかし、最近の数例では・・・

過払い訴訟も2回目までには、金額・期日
ともに納得いく条件で和解できています。

債務が残る場合でも、ほぼこちらの提案
通りの和解ができています。

昔のアコムさんの対応に戻った感があります。
(でも過払いで任意交渉の場合は、元金の
 7割くらいまでですが・・・
 昔は元金満額和解ができていました)


やはり、MUFGが支援を発表して、いい意味
での「横やり」をしているのかもしれません。

まあ、先日のフィギュアスケートでも
スポンサーの一つだったみたいですし
大丈夫みたいですね。
posted by 稲場 馨 at 21:27| Comment(0) | 過払い金返還請求

2011年02月21日

武富士への債権届出期限が・・・

間近にせまっております。

未だ提出していない方は、急いで提出してください。

もし、履歴の開示請求すら行ってないのであれば
こちらも、大急ぎで請求をしてください。

案件があまりにも多いので、2月28日までに開示請求の
連絡を武富士に入れ、書類到着後後2週間以内に提出すれば
いい扱いになっていますので、まだ間に合います。

それにしても、武富士関連で耳に入ってくるニュースは
どれも納得いかないものばかりですね。

武富士の更生管財人の

     「小畑弁護士」

もともと武富士と懇意にしていた同社の顧問弁護士です。

この小畑弁護士の報酬は
     
     「月200万円」
              とのことです。

そして、先日の最高裁判決により、武井ファミリーに
 
およそ
     「2000億円」

が国から支払われるとのことです。

これは、前武井会長からその息子へ贈与された株式
に対する贈与税が返還されるものみたいですが、
利息もついてきますので、結果、武井ファミリー
には、また相当財産がいってしまうわけです。

このお金の一部は、債務者が一生懸命返済していた
利息、それも払いすぎた利息なんです。

   「2000億円」

なんとか過払い金の返還に充てて欲しいものですね。
posted by 稲場 馨 at 21:25| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2011年02月04日

夫婦の一方の破産

「夫に内緒の借金、妻に内緒の借金」

というのは、よくあるケースです。

任意整理で返済していくという場合は
特に問題ないのですが、

夫婦のどちらか一方だけが

  「自己破産」

を希望される場合には、問題があります。

例えば、夫が妻には内緒で借金をしていた場合。

主な理由は飲み代やパチンコだったとします。
限られたおこずかいでは、付き合いとかもあり
でも生活のこともあり、妻には言い出せなかった、、
つもりつもった借金、総額300万円。

というような、ありがちなケースです。

奥さんのほうは

「私には関係ないところで作った借金なんで
 ダンナだけ破産させてください」

と希望されたとします。

この奥さん、ダンナと違い堅実派で、毎月少しずつ
貯金をしていました。

その総額は300万円、通帳の名義は奥さんです。

でも、その「出どころ」は概ねダンナの給料です。

こんな場合、

    「ダンナだけ破産」

できるでしょうか、あるいはしてもいいんでしょうか。

書類の書き方しだいでは、裁判所では申立が認容される
かもしれません。

しかし、名義が妻名義だからといって、財産は保持して
ダンナ名義の借金は返さない、、、、

っていうのはいかがなもんでしょうか。

少なくとも、当事務所ではこのような「自己破産」
はお受けできません。
もちろん、逆(妻が夫に内緒で借金していた場合
で、一家の家計で言えば返済可能な場合)
も同じです。

どちらか一方が作った借金でも、やはり

   「家族で解決する」

といった気持が大切ではないでしょうかね。
posted by 稲場 馨 at 19:11| Comment(0) | 自己破産・免責