2011年06月27日

裁判所の夏は・・・

マジで、あっっっっついんですよね〜


先週くらいから、相当暑くなってきた大阪地方。

んで、裁判所、特に大阪地方・簡易裁判所は他の
簡裁とくらべても、暑いんです。

先週は2回、大阪地裁に行きましたが、もうすでに
かなりの暑さでしたよ。

そして、今年は節電、節電といわれてますので
7月・8月になるとドンダケ暑いのか不安なような
楽しみなようなです(←M)。

8月はお盆もあり、裁判官や書記官も順番で
夏休みをとりますので、まあ、期日は他の月と
くらべると入りにくいんですが、お盆以外は
普通に期日が入ることもあります。

私もいい「オッサン」ですので、あまり汗を
かくと、オッサン特有の、例のあの臭いが
出てそうで、気になってしかたありません。

節電しないといけないのはそうなんでしょうが
あんまり無茶はやめて下さいね。
posted by 稲場 馨 at 12:08| Comment(0) | 過払い金返還請求

2011年06月25日

40%は・・・・

「運」だろうな。

先日「運」のことを書きましたので、その続き
みたいなものですが・・・


サラリーマンを辞めてから、仕事上でお付き合いする
方も、同業をふくめ、やはり自営業者の方が多くなって
きました。

んで、成功していると思われる経営者の方々に

     「成功の秘訣」

なるものを聞くと、皆、同じことを言います。

 「まあ運がよかっただけですよ」

ご謙遜されているところもあるとは思いますが、
あながち、ウソではないのかな、とも思います。

これはスポーツ選手にも言えることで・・・

例えば今や、世界を代表するプロ野球選手の
「イチロー」の場合、

イチローは入団当初、当時の監督(上田さんだったかな)
から、「振り子打法」を非難され、直さないと使わない
的なことで、あまり出場機会がなかったようです。

その後の仰木監督との出会い、これはまさしくイチロー
にとっての「運」だったんでしょうね。

才能・努力・そして運が重なって初めて成功者と
なれるのでしょう。

ゴルゴ13のデューク東郷の有名なセリフはまさに
的を得ています。

「10%の才能と20パーセントの努力・・・
 30%の臆病さと・・・残る40%は・・・
 運だろうな」
posted by 稲場 馨 at 21:27| Comment(0) | その他

2011年06月20日

「運も実力のうち」とはいいますが・・

「運」とは時に残酷なものである。

債務整理の仕事をしていると、つくづくそう思います。

例えば、武富士と長年取引をしていたが、プロミスの
ほうが金利が安いので、プロミスから借り入れて武富士
に一括で返済したような、いわゆる借り換えをした方。

武富士には完済しているので、過払いが生じていますが、
ご存じのとおり、ほぼ返ってはきません。
プロミスには債務が残ってしまいます。

これが逆だったら・・・

その他、アエルとお取引されていた方でも、再生手続前に
完済された方は、過払い金はほぼ返ってこないですが、
再生手続き後に完済された方は、いわゆる「共益債権」
として、過払い金はほぼ全額返ってきます。

借入していた方には何の責任もないですが、経済的利益の
差は、数百万円になることもあります。

阿藤快ではないですが、これもまた

「なんだかな〜」

って感じになりますね。
posted by 稲場 馨 at 21:25| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2011年06月17日

武富士創業者の遺族に損害賠償!?

過払い訴訟もようやく、少なくなりつつあり
内勤業務が増えてきている今日この頃ですが・・

まあ、「事業」という意味では良くないです。

さて、全国でおよそ700人の、武富士に対する
過払い債権者が、創業者の武井元会長の遺族に
対して損害賠償請求の訴訟を提起するようです。

その遺族の中には、武富士の取締役だった息子
連中の外に、奥さんも含まれているらしい。

実際、武富士以外の破綻した消費者金融の場合にも
このように、当時の取締役に対して、損害賠償請求
しようとする動きはありました。

今回は元会長から相当な財産を相続したとして
その妻も被告に入っているのは注目ですね。

この裁判、今後の新たな「過払い金請求」という
意味でも、要注目です。
posted by 稲場 馨 at 10:45| Comment(0) | 過払い金返還請求

2011年06月11日

大阪府知事

最近、チョット時間に余裕がでてきたせいか、
久しぶりに本を読んでます。

最近は映画化された原作を読む、というのが
ちょとしたマイブームで・・・

「阪急電車」、「八日目の蝉」

「プリンセス・トヨトミ」

と立て続けによみました。

「阪急電車」はまあ、こんなもんでしょう。

「八日目の蝉」は、んで、どう?って感じ。
自分が女性なら、もっと違った感想になってたん
でしょうな。

そして、「プリンセス・トヨトミ」

ちょっと現実離れしすぎてますよね〜

その中ででてきた「大阪国総理大臣」たるものの

現在は橋下さんが、これあたるんでしょうね。

最初、この人が知事になったときは、

「大阪を好き放題にされそう」

とおもいましたよ。

なんせ、「ワンマンオーラ」はTVを通じてからも
容易に感じ取れてましたもんね。

でも、最近は

  「橋下派」

です。

偽善者ぶった政治家が多い中、この人はそういうところ
はまったくないようです。

今回の関西電力からの節電要請の例でも
キッパリ断ってましたね。

そらそうでしょう、根拠もないことには協力
できるわけありません。
大阪府民全員の協力が必要ですからね。

他の偽善政治家なら世間の風評を意識して
すぐに協力表明してたんじゃないでしょうか。

というわけで、現在は橋下さんを応援しています。

まあ、一国の主たるもの、このくらいの独裁者の
ほうがいいのかもしれませんね。
posted by 稲場 馨 at 20:14| Comment(0) | その他

2011年06月08日

債権譲渡か契約引受か?

大阪の司法書士が脱税容疑で捜査されているようで・・

こんなニュースを見るたびに、

「なんだかな〜」

って気分になりますね。

まあ、ただ気持ちは、わからんではないです。

この時期、所得税に始まり、固定資産税、市府民税、
自動車税、そして忘れたころの事業税に本年所得税
の前納と、ドンダケ払わなあかんねんと思いますよ。

僕くらいの収入でも、こんな気持ちになるんですから
イッパイ稼いでいる方は、もっと思うでしょうね。

しかも、なんに使われているかもハッキリしないですし
しょうもない政治家のポッケに入ってるかもしれませんしね。

前置きが長くなりましたが・・・

本題についてです。

結論は、その案件ごとに見て判断されます。

つまり、債権譲渡であろうと契約引受であろうと
どういう契約だったのかというところが見られる
ようです。

実際の事例で多いのは、CFJがらみのものと
現クラヴィスからプロミス、の案件と、これは
大阪だけかもしれませんが、マチ金からマチ金
とういうケースでしょうか。

CFJ関係では、マルフクから引き継いだ案件では
借り手側の不利になるケースがおおいようですが
CFJは一時期、今のネオライングループのように
中小の金融から債権を買いまくってた時期があります
ので個別に見ていかないと何ともいえませんね。

一方、現クラヴィス(旧タンポート、クオークローン)
からプロミス、の案件では借り手側が有利になること
が多いようです。
契約書には大抵

「契約切り替え後は、本日までの紛争等の窓口は
 プロミスとなる」

ことが記載されています。
ですから、当時の契約書があれば、ほぼ負けることは
ないと思われます。

また、マチ金からマチ金の場合は、一連計算で現在
取引しているマチ金に過払い金を請求することは
まず無理だと思います。
これは、従前取引していたマチ金が廃業する場合
なんかによく使われる手ですが、特に契約とかはなく
ただ従前のマチ金から新しいマチ金を紹介されて
そこで借り入れた金員で返済するだけだからです。


なんか、結構長くなっちゃいましたね。

まあ、結論は、現状では各案件ごとに判断しないと
いけない、ということです。
posted by 稲場 馨 at 01:11| Comment(0) | 過払い金返還請求

2011年06月06日

楽天KCも・・・・

ネオライングループになるようです。

お久しぶりです。

このブログ始まって以来の1カ月以上の放置・・・

すんません。

見ていただいている方は、ほとんど知人や依頼者なんですが

「最近、更新ないけど、どうしたん?」

というお声を何度かいただきましての再開です。


さて、久しぶりの更新ですが、相変わらず
よろしくない話題で・・・・

   「楽天KC株式会社」

その名のとおり、楽天グループの信販・金融会社です。

対応は遅いものの、過払いは任意でも元金ほぼ満額返還
和解、債務の残る案件でも特にウルサイことは言ってこな
かった、我々にとっては、残り少ない「優良企業」だった
んですが、この度ネオライングループのJトラストに
売却することになったみたいです。

先日、過払い返還の和解をしたばかりで影響がなければ
いいんですが・・・・

売却後の対応が「極悪」になるのは間違いありません。

「楽天KC」との和解は早急にしたほうがいいですよ。


それと、これは「いい話題」ですが、、、

先日、といってもだいぶ前ですが

   「フルーツグラノーラ」

ようやく手に入るようになりました(←関係ねぇ)


まあ、今後はできるだけ多く更新したいと思いますので
posted by 稲場 馨 at 17:11| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2011年06月05日

最近の各業者の対応

めずらしく、連日の更新です。

さて、最近の大手業者の対応についてですが・・・

それほど変わったところはありません。

一時期、争いのない案件でも結構抵抗してきたアコムも
最近は金額、支払時期ともに満足いく内容の和解ができて
いますし、プロミス、レイクもしかりです。
まあ、もちろん「提訴」の上、が条件です。

アイフルに関しては、先日も記載したように、そこそこの
条件で和解できるようになってきましたが・・・

なにかの前兆のような気もして・・・

チョット不安ですね。


全体的に過払い訴訟は間違いなく減ってきています、
過払い返還請求もいよいよ末期にきたという感じです。

この末期になって、今まで争いのあった、いわゆる

「債権譲渡・営業譲渡・契約切り替え」

の案件の結論が出つつあります。

このあたりの論点は長くなりそうなんで、次回に
しますね。
posted by 稲場 馨 at 19:11| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2011年06月04日

「倫理観」って難しい

この仕事についてから、研修等でよく耳にする言葉です。

一般の世の中でも、倫理的に「いい」「悪い」を
判断するのは非常に難しいです。

「十人十色」と言いますが、人それぞれ判断する
「ものさし」が違うからでしょう。

私の「ものさし」が他人からみたらどうかわかりません
が・・・・

例えば、これから自己破産を申立しようとする人には
「家計出資表」まあ、いわゆる家計簿をつけてもらいますが

以前あったのが

   「犬  15,000円」

ってのがありました。

世の中には、犬が大好きだけど、お金がかかるから飼えない
って方は大勢いらっしゃいます。

他には、同じように自己破産申立を前提に受任しているかたで

「来月、海外旅行にいこうと思いますが、いいですか」

って質問をうけたことがあります。

もちろん自腹で、目的はいわゆる「サイトシーイング」
です。

法律で、自己破産をしようとするものは犬を飼ってはダメ
とか海外旅行に行ってはダメとは書かれていませんが・・

倫理的にはどうでしょうかえねぇ〜


そう言えば、司法書士倫理に関する指導で

「過払いに特化した宣伝・広告はダメ」

というのがあったと思うんですが

「払いすぎなら〇〇事務所」

これはいいんでしょうか(笑)
posted by 稲場 馨 at 21:12| Comment(0) | その他