2012年05月28日

事務所選びは慎重に・・・2


アイフルさん・・・

たまには、僕も「ホッ」とさせてくださいよ。

つーか、バナナマンやいとうあさこに払える
ギャラがあったら、過払いの返還にまわして下さい。


さて、本題です。

事務所選びについてですが、

  事務所選び=先生選び

と言ってもいいかと思います。

ですから、最初の面談時に弁護士や司法書士が
出てこずに、事務員が対応するようなところは
ダメでしょう。

とても大切なことを依頼するのに、顔も見たこと
のない人には依頼できないですよね。

依頼後も電話で話できるのは事務員ばかりと
いうのであれば、途中解約することも
いいかもしれません。

まあ、今時、こんな事務所は少ないかと思
われます。

そこで、弁護士・司法書士と面談したときの
注意点とすれば・・

 ・話をよく聴いてくれる。
 ・債務整理の経験が豊富そうである。
 ・報酬が明確である。
 ・相性がよさそうである。

くらいでしょうか。

とは言っても相性なんて、1回会ったくらいでは、
わからないですよね。

まあ、少しでも、「ん〜」と思ったら、何個か
事務所をまわってみるのをおススメします。


posted by 稲場 馨 at 17:41| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年05月26日

ロビンボウル


さて、先日、伊丹と尼崎の市役所に行ってきました。

普段は電車移動なんですが、効率的に車のほうがいい時
は車で移動します。

伊丹から尼崎に向かう途中、めっちゃ懐かしい風景
に出合いました。

  「ロビンボウル」

伊丹市南部や塚口あたりの方々にはなじみの
ボーリング場です。
たしか卓球場もあったと思います。

子供の時、母親によく連れてきてもらいました。

うまく投げられずに泣き散らかして困らせたことや
卓球したこととか、結構はっきり覚えています。

感慨にふけっていると泣きそうになりましたよ。

まあ、それだけオッサンになったということでしょう。


すいません、プライベート記事だけになっちゃいました。

事務所選びのコツ、については次回書きますね。

posted by 稲場 馨 at 14:20| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年05月20日

事務所選びは慎重に・・



こんなタイトルで、以前も書いたような気も
しますが、、、

ホンマに慎重にしたほうがいいと思います。

相変わらず、他事務所から移送?されてこられる
かたはボチボチいます。

先日の案件では、大手A事務所に旧武富士の1件
のみを任意整理で依頼したところ、

  「料金は15万円」

と言われたとのこと。

旧武富士案件なので、過払いがないからでしょうか。

しかし、1社15万はひどすぎますね。

ちょっと長くなりそうなので、今日は報酬のことに
ついて言うと、やはり明確な説明がないところは
やめといたほうがいいでしょうね。

あと、ネットとかで

  「減額報酬なし」
  「過払い15%」

とか低料金を謳っているところもありますが
ほかの費用で帳尻合わせしているとみかけられる
ところもあります。

たとえば、着手時と和解時にダブルで報酬請求
するようなところもあります。

過払いの場合では、回収額に関係なく、訴えた金額
の20パーセントを徴収するようなところもあります。

ちなみに、当事務所は、まあ、そんなに安くはない
ですが、高くはないと思います。

詳しくは、ホームページを見ていただければと
思いますが、前例の旧武富士の場合だと、
2万円+消費税+実費で、21,240円です。

次回は、その他の選ぶ基準について書きますね。




posted by 稲場 馨 at 15:40| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年05月06日

明日のための・・・


本日、5月6日、午前中に1件新規の面談が
あって、その後、明日からの通常業務に向けて
準備中です。

GW中は業者からの電話は一切ないので
事務所の整理・整頓とお掃除をしようと
思ってましたが・・・・

まあ、なかなか予定通りにはいかないですね。

さて、まだ連休中ということもあり、
またまた、「本」の話です。

最近、本屋でみつけた、超なつかしい本
を読んでいます。


 「智恵子は東京に空が無いといふ」

はい、高村光太郎の

  「 智 恵 子 抄 」

           です。

でもね、少しショックなんですが、、、

書いてる意味がようわからへん、、、


昔読んだときはもう少し理解できたと
思うんですが、この、文語で現代語と
古語が混じった感じがなんとも言えず
意味不明なんですよ。

まあ、僕の脳みそが徐々にヤラれている
だけなんでしょうね。

40超えると、ここからはいかに現状維持
できるか、って感じですね。


まあ、明日からまた、業者とのやりとり
も始まりますし、気合いれてがんばります。








posted by 稲場 馨 at 14:18| Comment(0) | その他

2012年05月03日

そのオチは無いかと・・・


本日、5月3日、憲法記念日もひとり寂しく
事務所に出ております。

さて、G.Wということで、仕事とは関係の
ないお話です。

前回「仕事以外やることもない」と言いましたが
唯一の趣味?は、まあ、ありきたりの

  「読  書」

なんです。

ここ一年くらいは、ほとんど重松清さんの作品
ばかり読んでいますが、ハヤリのものや映画化
されたものなんかは読んでます。

最近読んだのは「アントキノイノチ」や
湊かなえさんの「少女」などですが、
多分、湊さんの作品はもう読まないかな
って感じです。

まあ、面白いと感じる人もいるとは思いますが
私には「無理」かな・・・


そして、作者の方にはホンマに申し訳ないの
ですが、、、

私のなかでは、最悪の「オチ」だった作品。

本屋さんが、随分とおススメしているみたい
で、日本中の男性に読んでほしいとか、かなり
「うたってた」作品

  「陽だまりの少女」

いやいや、それはないと思います。

いちばんやってはいけない結末、


  「夢だった」

  「幽霊だった」

  「キツネが化けていた」

などですが、まあ、このあたりのオチでした。

本屋さんの「うたいぶり」からハードルが上がって
たこともあるとは思いますが・・・

批判ばかりですいません。でも、あえて言います

こんなオチなら

  「僕にも書ける」

基本的には本好きなんで、「よかった」と思える作品
のほうが多いんですけどね。

まあ、また、おススメ作品があったら書きますね。


posted by 稲場 馨 at 14:48| Comment(0) | その他