2010年02月21日

司法書士だから控訴!

日常はいつも温和な性格だと思う私でも・・・


ブチ切れることはあります。

先日のアコムとの過払い訴訟、1回目期日。
アコムの担当者が出廷してきていたため
司法委員の先生を交えての和解交渉。
(ちなみに、いつもは業者のあとに「さん」とつけますが
今回は「ヨビステ」です(怒))

この司法委員、
「通常、7割くらいの和解が一般的になっていますよ」
「もともとないお金だったんだから、原告も納得するでしょ」

とか、やたら業者よりの和解を勧めてきます。

それにのせられたわけではありませんが、まあ最低限のライン
の額(過払い元金のほぼ満額)で和解となりました。
支払期日も3月中と、今日が第1回目であり、十分な早さです。

しかし、和解が成立しかけた時アコムがこんなことを
口走りました。

「まあ、うちもいつつぶれてもいい状態でして、今後は
今回のような条件では和解できなくなりそうです。
特に司法書士の先生の案件については全案件、控訴を
検討しています」


はい、ブチ切れです。


「@※〜;!√π・・・・・」

アコムも司法委員もあせってました。

そりゃあそうでしょ、
こんなことを言われてカチンとこない司法書士は
いないと思いますよ。

まあ、結局和解しましたけどね。

でも、控訴するんだったらどうぞしてください。
本人に頑張らせますし、もし無理なら費用度外視で
弁護士に頼みます。(まあ、控訴が受理されても控訴審
は1回ですぐに終結でしょうがね)

控訴すれば、その分利息は増えますし、強制執行を
とめるには担保が必要、何より、人件費(地裁では
支配人か代表取締役、弁護士しか代理できません)
がかかり、自分の首をしめているようなものです。

こんな嫌がらせには絶対に負けられません。
【過払い金返還請求の最新記事】
posted by 稲場 馨 at 08:55| Comment(1) | 過払い金返還請求
この記事へのコメント
あんれま〜(@_@;)
そんな事件があったのですね?
ホンマ…温和なアナタがブチ切れるくらいだからマジで納得いかない発言だったことと思います。はい。

絶対に負けるな〜♪
応援してるで!!
Posted by ミナミナ at 2010年02月23日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: