2012年12月16日

最近の動向

皆さま、お久しぶりです。

んで、気がつけば今年もあと半月ほどですね。

まさに「光陰矢のごとし」です。


さて、最近はまた、債務整理と過払い返還案件が
なぜか、増えてきています。

裁判所も結構な賑わいですよね。

ある弁護士さんに言わせれば

「請求されている過払い金は半分にも満たない」

そうです。

まあ、取れる・取れないは別として、マチ金とかも
含めるとそうかもしれないですね。


あと、前にも書きましたが、焦げ付き案件となって
いたものを、ほじくりだしてきて請求をする、といった
案件は相変わらず多いです。

「家に来た」といのもチョイチョイ聞きますね。

既に時効となっているものもありますし、忘れたころ
に請求がきた場合は、とりあえず保留にして
弁護士・司法書士に相談することをおススメします。

変に認めてしまうと、支払わなくてもいいお金を
支払わないといけなくなりますよ。



posted by 稲場 馨 at 14:32| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年11月17日

離婚は調停前置主義!


日本では、結婚したカップルのうち3〜4割
が離婚するらしいです。

僕のまわりでは、そんなに多くないのでホンマ
かなと思いますが、どうなんでしょう?

さて、この「離婚」、当事者間では成立しなかった
場合、裁判所の力をかりることになります。

そして、日本ではいきなり離婚裁判、というわけには
いかず、まず調停の申立をしなければなりません。

調停が不成立の場合に、裁判に移行します。

まあ、裁判所が中にはいるんで、なんとか当事者同士で
話し合いなさい、ということだと思います。

その際、調停委員と言うかたに入ってもらうのですが
やはり、人間ですから、好き嫌いや固定観念があります。

  「慰謝料は男性が払うもの」 とか

  「子は母親が育てるもの」 などです。

ですから、裁判所を通したからといって、決して平等な
判断がされるわけではありません。

まあ、通常の民事訴訟なんかでもそうなんですが、もう
はじめから決めてかかっているような裁判官もいます
からね。

「当裁判所では、このような主張は採用しない」

いやいや、その理由が知りたいんですけど・・・・

離婚については長くなりそうなんで、続きは次回に
しますね。





posted by 稲場 馨 at 16:47| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年11月10日

取り立てが一番厳しいのは・・・


はい、間違いなく

  「国」or「都道府県」

です。

ヤミ金どころではありません。



依頼者からのご質問で多いのは

「給与は差し押さえられませんか?」

というものです。

そこで、我々の回答は

「差し押さえるには、判決などの「債務名義」
 が必要なんで、いきなりということはありません。
 ただし、裁判所からなにか届いたときは、放置は
 厳禁なんで、すぐにご連絡ください。」

というのが一般的ではないでしょうか。

通常、財産を差し押さえるには「債務名義」(まあ、
判決など裁判所(一部公証役場)からだされたもの
とお考えください)が必要です。


しか〜〜〜し・・・・


例外があります。

そう、

  「税金」 です。

国や地方自治体は、滞納者に対して債務名義なしで
差押えができます。

はい、問答無用なんです。

まあ、ただ差押え前には、支払の催促や差押予告
なんかが届きます。

この予告、貸金業者がやる単なる「ビビかし」とは
訳が違います。

ですから、税金滞納をナメていると、えらい目にあう
かもしれませんよ。

まあ、国民の三大義務のうちの一つですから仕方ない
といったところでしょうかね。



posted by 稲場 馨 at 14:35| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年09月27日

因果応報


数少ない当ブログファンの皆さま、

大変お待たせいたしました。

久しぶりの更新です。

何してたかって?

いやいや、すいません、特に何にも
なかったのですが、あまりの暑さに
弱ってました。


さて、いきなりですが、僕は相当
温厚なほうだと思います。

プライベートでもですが、仕事上では
まあ、「キレル」ことはありません。


しか〜〜し・・・

キレちゃいましたよ、仕事上で、、、

相手は、もちろん


 「 日 本 保 証 」


旧ロプロです。

債務の残る方で、ダメもとで分割のお願いを
したところ、全く聞く耳もたずの対応をされた

その、ほんの数分後・・・・

今度は過払い訴訟になっている案件で電話があり

「半分くらいにしてくださいよ〜(親しげ)」


はい、ブチ切れです。

まあ、担当者には罪はないのかもしれません。

スタッフィ当時からの方もいらっしゃいます。

しかし、こちらからしたら

 「日本保証=担当者」

ですからね。

キレちゃったのは少し反省ですが・・・


まあ、酷い対応をされることもありますが、
そんなときは、この言葉を思い出すように
しています。


 「 因 果 応 報 」


おたくの、その対応で路頭に迷う人がたくさんいます。

でも、因果応報、必ずそのお返しが、あなたにも
ふりかかりますよ。必ずね。





posted by 稲場 馨 at 15:59| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年07月31日

結果がすべて!!


ロンドンドン、ロンドンドン、ロンドンドン♪♪

おかげ様で、すっかり寝不足です。

こういうスポーツの大会をみていると
本当に「結果」というのは残酷なもの
だと思います。

1位と2位、3位と4位では全く違いますもんね。

努力や気持ちが結果にはつながらない場合も
多くあります。

しかし、何事もやはり

   「結果が全て」

なんでしょうね。

これは、僕たちの仕事にも言えることで・・・

例えば、最近破綻した「クラヴィス」

破産申立のまえから、過払い回収の非常に
難しかった業者のひとつです。

一生懸命、裁判をして、判決を勝ち取ったけど
1円も回収できなかった先生と

1割で和解してきっちり1割を回収した先生

どっちが依頼者のためかというと、

もちろん、後者の1割和解をした先生です。

いや〜〜

結果とはホンマに残酷ですよね。





posted by 稲場 馨 at 14:58| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年07月27日

江坂地区で飲み会


クソ暑いなか、皆さま、お元気ですか?

僕は外の暑さと中の寒さ(関電に怒られそう・・・)
で、今にも吐きそうです、、、、

事務所ビルが古いためか、エアコンをゆるく
すると暑いし、チョット温度をさげると
冷えすぎるんですよね(← いいわけ)

さて、今日はめずらしく、このあと
江坂近辺に事務所をおく先生方との
飲み会にいってきます。

普段、横のつながりに乏しい私にとっては、
あまりないことです。

まあ、他の先生方々は普段どんなお仕事を
されているかは、少しは興味があります。

ほとんどの先生が先輩みたいですので、

今日も

 「アンテナは高く、腰は低く」

の精神で行ってきま〜す。



posted by 稲場 馨 at 18:34| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年06月13日

一括返済するのに手数料?


ようこそ、司法書士 稲場馨 の

 「ボヤキ部屋」 へ 。

最近、年のせいか、「ボヤキ」が多くなってます。

気持ちは少年のままなんですがね〜〜

はい、「心は少年、前頭部は壮年」 です。

とオヤジギャグをほりこみながら、
今回もボヤキ、です。

先日、住宅ローンの借り換えの際の保証料
の高さについて書きましたが、もう一つ
いいたいことを忘れていましたので、
その続きです。


住宅ローンの借り換えの際、それまで借りていた
業者に対して、繰り上げで一括返済するのですが、
その際、なんと手数料がかかる、とのこと。

実行日までの利息はもちろんつけ、さらに、その上
別途、手数料がかかるとのこと。それも数百円や数千円
ではなく、数万円かかると、、、

いやいや、いやいや、いやいや


  「ありえへんやろ」


結構、文句はいいましたが、まあ、結局いいなりに
ならないと、話がすすまないので、いわれるがまま
でしたが・・・

我々が、債務整理の業務で一括返済を提案する際、
返済日までの利息・損害金をつけないと和解ができない
悪徳業者が一部ありますが、それでも、別途手数料を
請求されることはありません。

結局、住宅ローンの手続の、どさくさまぎれで見えにくく
なっていますが、おかしいと思いませんか?

完全に相手の足元をみてのことと思いませんか?


ホンマ、悪どいですよね。


posted by 稲場 馨 at 16:56| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年06月09日

司法書士の報酬


梅雨入り、ですか・・・・

この季節、テンパの私にはチト辛いです。

おまけに、最近、進化しつつある薄毛、、、

はい、雨は大敵です。

さて、いきなりですが「司法書士の報酬」
について、どう思われますか?

こんなことを、改めて聞くのは、先日
パソコンがウィルスにやられたときのこと、

まあウィルスといっても、パソコン全部が
やられるタイプではなかったので、まだ
ましだったんですが、まあパソコン音痴
の僕に修復できるわけもなく、修理屋さん
を呼んで、修復してもらいました。

その修理代、およそ26,000円。

内訳は、例えば出張費「5,000円」

いやいや、そちらの事務所、うちから
歩いて5分とかからないくらいのとこ
じゃないっすか。

まあ、あとでパソコンに詳しい人に聞くと
それくらいなら、ちょっとパソコンさわれる
ひとならできるとか・・・

なんか、前回から「お金」のことばかりで
ヤラシイですが・・・

いやいや、お金は大事ですからね。

んで、ようやく本題です。

業務をやっていて、報酬の説明をすると

「えっ、結構かかるんですね」

と言われる場合もあるし

「えっ、そんなもんですか。思ったより安いね」

と言われる場合もあります。

もちろん、依頼者の経済的状況等によっても
違うと思うんですが、例えば、ご自宅の土地・建物
の相続登記費用

     「5万円」

とか、過払い金返還報酬

  「取り戻した額の20%」

って、実際、どうなんでしょうかね。





posted by 稲場 馨 at 11:49| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年06月03日

「銀行」という名の金貸し屋


いや〜・・・

最近、何かとバイオリズムが低下気味です。

まあ、こんな時期もありますね。


さて、私事なんですが、先日、住宅ローン
の借り換えをしました。

仕事以外のことは、基本、めんどくさがり
というか、無頓着なんですが・・・
銀行勤めの友人からススメられ、借り換え
をしました。

しかし、実際手続きは面倒ですね。
いつも、決済で他の方のは見てるんですが、
全部、自分で書くと手がつりそうです。

銀行の担当者が書いてくれたらいいのに
それは無理みたい。

まあ、おカタイですよね。

そして、ホンマに言いたいのはここからです。

住宅ローンで銀行からお金を借りるときは
ほとんどのケースで、保証会社がつきます。

債務者が返済できなくなったときは、この
保証会社が債務者にかわって残債務を銀行に
支払い、あとはこの保証会社あるいはサービサー
が取り立てをします。

そして、今回2900万円の借り換えの保証料

なんと


     「447,032円」


これ、みなさん、どう思います?

はい、僕はメッチャくそ高いと思います。

そもそも僕が保証会社に保証してくれって
依頼したんじゃないです。

すべては、銀行さんの都合でしょ。

それなのに、保証依頼書みたいなのを
書かされる。

「いいなり」にならないと融資してくれない。

不動産を担保にとりながら、さらに保証会社
をつけて、リスクヘッジする。

不動産価格の低下のリスク

返済できなくなったときのリスク

すべて債務者側が負わなければなりません。

しかし、無事返済される方と、返済に窮する
方と比べると、圧倒的に無事返済を終える方
のほうが多いはずです。

つまり、この保証料は

  「まるもうけ」

じゃないですか?

債務者からの回収が無理な場合でも、不動産の
価格分は回収できるわけですからね。

いや〜

しかし、ホンマに法律も銀行には甘いですよね。

マチ金が、融資するときにわけのわからん保証会社
をつけ、保証料をとった場合は、

「保証料は利息の一部とみなし、これを含めた金利
が利息制限法を超えていた場合、その部分は無効で
借主に返還しないといけない」

という判例もあったような記憶があります。

まあ、住宅ローンの金利はそもそも低金利なんで
上記の例とは全く違うのは理解はしていますが・・・


もう融資も実行されてますし、いいでしょう

銀行って、ホンマ、悪どい商売ですよね。






posted by 稲場 馨 at 13:20| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理

2012年05月28日

事務所選びは慎重に・・・2


アイフルさん・・・

たまには、僕も「ホッ」とさせてくださいよ。

つーか、バナナマンやいとうあさこに払える
ギャラがあったら、過払いの返還にまわして下さい。


さて、本題です。

事務所選びについてですが、

  事務所選び=先生選び

と言ってもいいかと思います。

ですから、最初の面談時に弁護士や司法書士が
出てこずに、事務員が対応するようなところは
ダメでしょう。

とても大切なことを依頼するのに、顔も見たこと
のない人には依頼できないですよね。

依頼後も電話で話できるのは事務員ばかりと
いうのであれば、途中解約することも
いいかもしれません。

まあ、今時、こんな事務所は少ないかと思
われます。

そこで、弁護士・司法書士と面談したときの
注意点とすれば・・

 ・話をよく聴いてくれる。
 ・債務整理の経験が豊富そうである。
 ・報酬が明確である。
 ・相性がよさそうである。

くらいでしょうか。

とは言っても相性なんて、1回会ったくらいでは、
わからないですよね。

まあ、少しでも、「ん〜」と思ったら、何個か
事務所をまわってみるのをおススメします。


posted by 稲場 馨 at 17:41| Comment(0) | 借金返済・債務整理・任意整理